1. 現在位置:
  2. ホーム>
  3. キャンパスライフ>
  4. 大学からのお知らせトップ>
  5. 第35回幼児教育学科公開講座2「人間関係としての対人援助」

大学からのお知らせ - 上田女子短期大学

  • 第35回幼児教育学科公開講座2

    「人間関係としての対人援助」

    人にかかわることを専門とする領域は保育や介護、あるいは医療や教育といった幅広い分野にわたっています。そうした領域で課題となる「聴くこと」をはじめとした技術の問題や、人にかかわることの能力や役割といった問題を問い返し、演習を通して学びます。

  • 日程・内容

    1

    【日時】
    10月7日(火)14:30~16:00

    【テーマ】
    人間関係からの対人援助の技術 ー傾聴とはなにかー

    【内容】
     対人援助あるいは支援の現場において「相手の話を聴くこと」、つまり傾聴の重要性が語られることは少なくない。しかしながら実際に「傾聴」の意味ややり方を理解されているだろうか。 相手の話を聴くこととはどのようなことか、相手の心(想い)に寄り添うような聴き方とはどのようなことか人間関係論から問い返し、演習を通して学びます。

    市東 賢二(本学教授)

    2

    【日時】
    10月14日(火)14:30~16:00

    【テーマ】
    人間関係からの対人援助の能力
    ーabilityとしての能力とcapacityとしての能力ー

    【内容】
     対人援助技術や支援技術あるいはそれらの方法は、社会福祉領域の専門職にとって、相談援助技術であったり介護・保育技術であったりと現場が違えば、異なる技術がある。 しかし、それらを支える人にかかわる能力の問題は、それらの技術習得だけではいかんともしがたい問題である。人にかかわる専門職としての必要な能力とは何か。この問いを人間関係論的に問い返し、演習を通して理解します。

    【講師】
    市東 賢二(本学教授)

    3

    【日時】
    10月21日(火)14:30~16:00

    【テーマ】
    人間関係としての対人援助の専門性と役割

    【内容】
    「人間関係としての対人援助」のまとめとして、人にかかわることを主な専門性として行使する専門職の役割とは何かについて学びます。役割を果たすこととは与えられた業務をこなすことのみならず、利用者・児への応答を指します。講義や演習を通して対人援助の役割をより深く理解し、役割を担うことの意味を学びます。

    【講師】
    市東 賢二(本学教授)

  • 申し込み

    会場

    上田女子短期大学 20番教室

    参加費用

    無料

    申し込み

    9月30(火)までに、ハガキ、FAXまたはメールで、「第35回 人間関係としての対人援助 受講希望」・住所・氏名・電話番号を明記の上、下のあて先までご送付ください。なお、当日の受付、1テーマのみの受講も可能です。

    〒386-1214 上田市下之郷乙620 
    上田女子短期大学 地域連携センター
    e-mail:chiiki@uedawjc.ac.jp
    TEL:0268-39-7061(直通)/0268-38-2352(代表)
    FAX:0268-39-7062

    (お申し込みいただいた方の個人情報は厳重に管理し、適切に取り扱いさせていただきます)