1. 現在位置:
  2. ホーム>
  3. キャンパスライフ>
  4. 大学からのお知らせトップ>
  5. 第35回幼児教育学科公開講座(幼教美術)「美術への誘い その5」

大学からのお知らせ - 上田女子短期大学

  • 第35回幼児教育学科公開講座

    「美術への誘い(その5)」

    「フレスコ画」とは、イタリア語でフレッシュの意味です。言葉通り漆喰壁に顔料と水だけで描き、乾燥に伴う化学変化で壁と一体になる絵画技法で、古くはエーゲ文明の宮殿壁画に始まり、ルネッサンス期までイタリアを中心に教会内部に盛んに描かれました。良く知られているところでは、システィーナ礼拝堂のミケランジェロ作の「最後の審判」があります。

    4年前の公開講座ではその一部を模写しました。今回は、模写に留まらずオリジナル作品の制作も可能です。また今回は、イタリアで開発された「ストラッポ」というフレスコ画保存技術を実演します。現在では、この技法を使い実際の壁面で制作した作品をタブロー(移動可能な絵画)へ移し替える方法としても利用されています。

  • 日程・内容

    1

    【日時】
    8月4日(月)10:00~12:00

    【テーマ】
    フレスコ画古典技法と保存技術

    【内容】
    【1】:技法と歴史
    【2】:最下層下地の制作
    【3】:6日の準備
    【4】:ストラッポ実演見学(1)

    【講師】
    笹井 弘(本学教授・幼児教育学科長)

    2

    【日時】
    8月6日(水)10:00~12:00

    【テーマ】
    フレスコ画古典技法と保存技術

    【内容】
    【1】:中間下地の制作
    【2】:オリジナル作品下絵(33×22.5cm)あるいは模写下絵の完成
    【3】:ストラッポ実演見学(2)

    【講師】
    笹井 弘(本学教授・幼児教育学科長)

    3

    【日時】
    8月8日(月)10:00~15:00

    【テーマ】
    フレスコ画古典技法と保存技術

    【内容】
    【1】:描画面モルタル塗り
    【2】:60分ほど待つ
    【3】:描画(約2〜3時間)
    【4】:完成
    【5】:ストラッポ実演見学(3)

    【講師】
    笹井 弘(本学教授・幼児教育学科長)

    ※備考
    (1)フレスコ画制作は3行程が必要です。全3回の受講が難しい方は初回と3回目の受講
       でも可能です。
       ただし、2回目の下絵の完成は宿題となります。申込時にお知らせください。
       またストラッポも3行程の見学が必要です。

    (2)オリジナル作品下絵は、完成に近いものを用意してください。
       模写の方は、準備不要です。

    (3)汚れても良い服装および8月8日(金)の昼食をご用意ください。

  • 申し込み

    会場

    上田女子短期大学 25番教室

    参加費用

    材料費:2,000円(パネル・顔料・砂・消石灰など)

    定員

    10名(定員になり次第締め切らせていただきます

    申し込み

    7月31(木)までに、ハガキ、FAXまたはメールで、「第35回 美術への誘い 受講希望」・住所・氏名・電話番号を明記の上、下のあて先までご送付ください。

    〒386-1214 上田市下之郷乙620 
    上田女子短期大学 地域連携センター
    e-mail:chiiki@uedawjc.ac.jp
    TEL:0268-39-7061(直通)/0268-38-2352(代表)
    FAX:0268-39-7062

    (お申し込みいただいた方の個人情報は厳重に管理し、適切に取り扱いさせていただきます)